■プロフィール

國學院劇研

Author:國學院劇研

■最新記事
■カテゴリ
■検索フォーム

■Twitter

稽古場日誌7 インタビュー企画の終焉
いやぁついに公演直前ですね・・・・

本日含めてあと2日です。

今更ですが、インタビュー企画、今回が最後ですが、どどんと載せちゃおうかなと考えている所存です。



ではまずこの方、笹谷明央さん
20160330_112202729_iOS.jpg
はい

マトモな人間なら手前でピースしてる色男が今回のインタビュー対象かと思うでしょう。

違うのです。
右でよっこらせとしているこの男が対象なのです。(ちなみにピースをしている色男は劇研の長老こと浅見瑛人先輩である。)

それではどうぞ

筆者「はいじゃあよろしくお願いします。今回の役職は・・・」

笹谷「音響オンリー!」

筆者「では音響では具体的にどのようなことをやっているのかお教えください」

笹谷「まぁ雑多に言うと、演出から出てきたSEをですね、今回であったら電車が舞台なので、電車の音を集め、演出さんに確認してもらい、最終的には流すといったのがおおまかな流れですね」


筆者「じゃあやっぱりセンスな面が大きいですかね」

笹谷「そうですね~。その点だと今回は音響のチーフである浅見さんという方が・・・」

筆者「あゝ長老が(笑)」

笹谷「長老って言い方は良くない(笑)まぁそういう先輩が居ましてその方がセンスの塊なんで、そこから見習って私もセンスの良い物を作っていきたいなと。なので私自身のセンスが出るのは客入れ音楽ですね。おそらくですが今回の公演はそれが日に日に変わっていくんで、そこには注目して欲しいかなと」

筆者「流石に何回も来るリピーターは居らっしゃらないと思うのですが(笑)客入れに注目ということで」

笹谷「面白かったら、何回か来てください(笑)」

筆者「じゃあ皆さん面白いから何回も来てね!ということで。続きましては、今回の公演の見どころを教えて下さい」

笹谷「劇は一人の登場人物にスポットライトを当てて話が進行していく事が多いと思いますが、全員が主人公というキャッチコピーがあり、十人も主役がいるので一人は当てはまる人が居るんじゃないかな。そこですかね」

筆者「関根さんも似たこと言ってましたかね」

笹谷「じゃあそれカットで!他にはですね・・・今回は上記の登場人物の他にエキストラが二人いるんですよ、そこを俺は注目して欲しい。なぜかと言ったら、浅見さんが出るんです。」

筆者「浅見さん。さっきの長老ですね。」

笹谷「長老です。もう一人は遊佐君も出ますし、日によって人が変わり、沢村さんという方も出ます」

筆者「アレですね。濃いキャラですね。」

笹谷「今回の公演のメインの登場人物は普通の人が多いんですが、出なかった残り物が凄く濃いんです」

筆者「まぁ濃すぎるから役者に成れなかったんでしょうね(笑)」

笹谷「なのでその三人に注目してもらえればいいです。その三人が隠れた主役です!群像劇なんで誰にスポットを当てても良いのです。セリフはないけど凄いですよ!」

筆者「演劇研究会の良い所を教えて下さい」

笹谷「(数秒間の沈黙)」

筆者「あゝいいとこがない。では悪いところをお願いします」

笹谷「(再び数秒間の沈黙)」

筆者「悪いところもない!よくも悪くもない!ある意味最悪!」

笹谷「アットホーム!」

筆者「ああ~いいですね~。じゃあ今の質問良い答えがいただけなかったんで、じゃあ貴方にとって演劇とは?」

笹谷「まじで?」

筆者「コレは小沼くんに聴きました、でわからないと解答を頂きました。」

笹谷「うーん・・・自分の違った一面を出せる。と言った点ですかね・・・」

筆者「はい、ありがとうござます~」



まさかのエキストラ推しは僕も衝撃でしたね。

最後の一人は演出の船山絢華さんです!

20160330_112315576_iOS.jpg
いやぁいい笑顔!

それではどうぞ


筆者「よろしくおねがいします」

船山「よろしくおねがいします」

筆者「ついにインタビュー企画も演出さんで最後ということで、まずは今回の公演の見どころ教えて下さい。」

船山「登場人物が10人居るということで、多いのですけども、心情の変化だったり細かな描写だったりを、見て欲しいなぁと思います。」

筆者「ここまでやってきて一番大変だった事は何でしょうか」

船山「オムニバス形式になっていて5つのお話になっているのですが、それぞれゆく気持ちを提案しながら作っていくのが大変でしたね。」

筆者「それでは続いて演劇研究会の良い所を教えて下さい」

船山「良い所・・・まぁ沢山あると思いますけど・・・まぁムードーメーカーの方がいっぱい居るので頑張るぞっと盛り上げてくれるのは有りますね~」

筆者「皆まとまってますね~(笑)では、貴方にとって演劇とは?」

船山「演劇とは?」

筆者「この質問はですね、笹谷くんと小沼くんにも質問したのですが・・・時間がかかったり答えが出なかったりで、このままだと演劇が解らない演劇研究会になってしまうんですよ(笑)」

船山「ああ~それは困る!」

筆者「なのでぜひ演出さんにビシっと決めていただきたい」

船山「まぁでももう一つの人生かなと思います。違う人を作る演出という意味でも、照明や音響では違う時間を作り上げていくという意味でもあるものなのではないのでしょうか。」

筆者「いやぁさすが演出さんですね!じゃあ最後に、見に来るお客様に向けて一言。」

船山「新入生歓迎公演ということで新入生の方も多いと思いますし、今までの公演を見に来てくれた方も多いともうのですが、11人それぞれの登場人物の悩みであったり葛藤を細く描いていて、最後は心が暖かくなる春にピッタリの作品になってると思いますので、ぜひご覧ください」

筆者「はい、ありがとうございました!」




演出さんが最後にビシっと纏めてくれたところで今回のインタビュー企画を終了とさせていただきます。

それでは公演でお会いできることをお待ちしております。

アディオス。



予約はココをクリック!

スポンサーサイト
4月 「片道電車の切符」 | 04:50:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
稽古場日誌6 インタビュー企画第二弾 中だるみ特大号
こんばんは

インタビュー企画第二弾です。

さて今回インタビューしたのは美術と役者を兼任してる二人組ですね。

まずは、劇研一のジャニーズ顔 小沼和暁 さんですね。
20160321_021707952_iOS.jpg
うん、かっこいい

それではインタビューをどうぞ



筆者「よろしくお願いします」

小沼「よろしくお願いします」

筆者「今回は役者をやられていてそれとスタッフはどの部署で活動してますか?」

小沼「美術です」

筆者「美術での仕事はここまでどのようなことをしましたか?」

小沼「箱馬作って~舞台作って~買い出し行きました」

筆者「美術の作業をした感想や手応えをお聞かせください」

小沼「うーん、ちょっとできるようになったかなぁ」

筆者「では役者としての意気込みを教えて下さい」

小沼「意気込みねぇ。俺役者として意気込みを聞かれると頑張りますとしか言えないんだよね(笑)」

筆者「大学生として語彙力なんですかねそれ・・・」

小沼「いやぁ~頑張ります(笑)」

筆者「はいがんばってください。続きまして今回の役名を教えて下さい」

小沼「風太くん」

筆者「どんな役ですか?」

小沼「どんな役?うーん・・・難しいっす・・・」

筆者「誤威力不足か!」



数十秒経過



小沼「うーんそうですね・・・・うーんなんだろうね。自分に自信があるんだけど将来に不安もあると言った感じかね」

筆者「当たり前ですよね(笑)」

小沼「そうそうそう。そうなんだよね~。だから逆にやりにくいんだよね~。両立が難しいかな。」

筆者「両立とは何と何のですか?」

小沼「自信と不安両面の表現だね」

筆者「あゝそれは大変ですね~」

小沼「未だにわかんね」

筆者「それでは次の質問に、7月公演から卒業公演以外全部役者をやってますが、三回連続役者をやって成長したところを教えて下さい」

小沼「緊張しなくなったくらいかな。7月の頃は稽古だけで緊張してたから(笑)」

筆者「じゃあ今はのびのびとできる感じですか?」

小沼「流石に稽古はね~でも本番は絶対緊張するから(笑)」

筆者「まぁある程度の緊張は良いと思いますよ」

小沼「緊張しないとまたセリフ吹っ飛ぶんでね~」

筆者「では最後に、貴方にとって演劇とはなんでしょうか」

小沼「ははは・・・・そうですねぇなんだろう。え?貴方にとって演劇とは?は?なんだろう・・・難しいっす。難しいです。なんだよこの質問は!」


小沼数十秒間考える


小沼「かんがえたことがないなぁ」


筆者「じゃあ答えが出ないということで締めさせていただきます(笑)ありがとうございます」




いやぁ語彙力って大事ですね

続きましては劇研の細長い担当 関根穂高 さんです
20160321_053941119_iOS.jpg
いやぁこの写真だとわからないと思いますが、とにかく細くて長いです。渋谷で細くて長いものを見たら関根くんか電柱かの二択ですね。

それではどうぞ



筆者「よろしくお願いします。」

関根「よろしくお願いします。」

筆者「今回の公演では役者をやられていて、それとは別でスタッフはどちらをやられていますか?」

関根「照明・・・じゃなくて、美術です!」


筆者「あ、今回は美術でしたね。ここまではずっと照明でしたが、今回美術に志願したのは何故ですか?」

関根「いえ、特に理由があるわけでは無いのですが、まぁ大人数を常に必要としているし手に職をつけておいても損はないかなと思いまして」

筆者「そうですね~美術は全員出来ていい仕事ですよね~」

関根「いつもいつも人が足りないと焦ってる部署なのでできるようにはなりたいと思ってましたね」

筆者「そうですよね~(笑)いつも人が足りないんですよねぇ」

関根「でもそう思ってたら照明が今回人が足りないらしくて照明ばっかり手伝ってますね(笑)」

筆者「まぁ今回の公演は人も少ないですし、全然それでいいと思いますけどね~」

関根「そうですね」

筆者「次の質問に移らせていただきますが、今回の役名を教えて下さい」

関根「トシオです。」

筆者「トシオくんはどんな役ですか?」

関根「うそつき少年ですね」

筆者「演じる上での苦労とか有りますか?」

関根「嘘をついてる部分と本音の部分で分けろと演出に指摘されてそれを表現するのが難しいですね~」

筆者「本音も出るキャラなんですね~」

関根「そうですね。嘘をついてしまうという所に罪悪感を感じてジレンマに陥ってしまうという感じですかね」

筆者「じゃあ是非その表現を皆さんに注目してもらいたいですね」

関根「緊張するんでやめてください(笑)」

筆者「では次は、國學院大學演劇研究会の良い所を教えて下さい」

関根「良いところですか~そうですね~、色々有りような気はしますけどね~(笑)まぁ常に創作脚本作ってるんでクリエイティブな集団ですよね。あとは、いつもなんやかんやは有りますけど最後には協力して舞台が立つところですね。チームワークは良いと思います。」

筆者「いや~ちゃんと考えてますね~私だったら会費無料ってことしか良いこと思いつかない(笑)」

関根「確かにそれも良い点ですよね(笑)会費無料なのに何故か公演打つとなんでか飲み会が安くなるという不思議な現象が起こるんですよね(笑)」

筆者「なんかでも、その言い方だと飲みサーみたいじゃないですか!!」

関根「そうですねコレはカットで(笑)」

筆者「じゃあ最後にこの公演を見に来る人に向けて一言」

関根「割りと我々の劇団は一本道の話が多い中、しっかりそれぞれのキャラにスポットの当たる群像劇がしっかり作られているので、登場人物一人一人の生き様が見どころだと思います」

筆者「ありがとうございました」

関根「是非見来てねぇ」




いやぁ気が抜けた仕上がりになりましたねぇ


さて今日取り上げた美男に会いたい方は←こちら→から予約をどうぞ。

それでは皆さんまた次回
アディオス


4月 「片道電車の切符」 | 02:55:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
稽古場日誌5 インタビュー企画、始動。
インタビュー企画が始動します。(タイトルにも書いたんだけどね!!)

今回は新歓ということで新入生と関わる機会の多いであろう新2年生にスポットを当てます。

というわけでまず我らが誇る爽やかハイテンション枠 篠卓海 さんのインタビューを掲載していきます。


20160319_040719000_iOS.jpg

筆者、インタビューお願いします。

篠氏、よろしくお願いします。

筆者、まず今回配属されたスッタフはどちらですか?

篠氏、制作をやっています。

筆者、制作ですか。そして役者も兼任なされているということで・・・まず意気込みを教えて下さい。

篠氏、そうですね~初めての兼任なので今までスタッフというものをほとんどやっていなかったので、制作の仕事とちゃんと両立しようと考えています。

筆者、すばらしい心がけですね~、では役者としての質問をさせていただきます。今回の役柄はどんな感じでしょうか。

篠氏、今回は良夫といって自分と同じ大学生で優しい人なんですね。

筆者、ピッタリじゃないですか。

篠氏、いや、優しすぎるのが自分の悩みになってしまう感じなんです。そこを僕の考えでどう表して行こうかなと。

筆者、では、スタッフ、制作の仕事はどのような感じでしょうか。

篠氏、やはり制作をやって感じることはやることが結構多くありますね。

筆者、あゝそれは制作の私も感じていますね。

篠氏、活動場所の確保の申請や他団体へのフライヤー折り込みなど色々有りますね。



ここで沈黙



筆者、え、コレで終わり?

篠氏、終わりです。え?なんか言ったほうが良いですか?

筆者、なんか話すことととか無いんですか?

篠氏、無いです。

筆者、じゃあですねぇ・・・・何でしょうねぇ・・・・うーん・・・・・・・・。

篠氏、真面目すぎるんじゃないかな?これ・・・。

筆者、そうですね、真面目過ぎですね。もっとフランクな話をしますか・・・・。

篠氏、構いませんよ。

筆者、なんでしょう・・・・・・。



沈黙



筆者、やはり沈黙してしまいますね。

篠氏、もう良いんじゃない。

筆者、もういっか☆

篠氏、(笑)

筆者、ありがとうございました~

篠氏、ウェイぃィィィィィィ↑↑↑



いやぁ酷い!我ながら酷い!グダグダじゃないか・・・後半なんて有意義な情報が一切ない・・・我ながらインタビューとはなんたるかを再び思案する必要があると感じたインタビューでしたね。
ちなみに最後の篠氏の「ウェイぃィィィィィィ↑↑↑」は本当に彼がそう発言したのです。決してふざけているわけではございません。

では続いて、劇研一のファンキー女子 木澤早織 女史へのインタビューを掲載させていただきます。


20160319_040839000_iOS.jpg
(彼女の美顔をディスプレイで表示すると読者の皆さんのパソコンが深刻な脅威に晒される危険性があるので今回はモザイクを掛けさせて頂きました。え?彼女の美顔を見たい?そんな貴方はココをクリックして彼女が出演する公演を無料で観に行こう♪)

筆者、じゃあよろしくお願いします。

木澤氏、はーい。

筆者、今回、木澤さんは役者とスタッフということで、役者の役名とスタッフの部署をお教えてもらえますか?

木澤氏、役者はあさ美ちゃんとスタッフは照明ですね。

筆者、あさ美ちゃんはどんな役ですか?

木澤氏、あさ美ちゃんは典型的な女子大学生みたな感じですかね。

筆者、じゃあ・・・パンケーキたべちゃおっかなぁぁぁぁぁ↑↑・・・こんな感じですか?

木澤氏、あーそんな感じそんな感じ(笑)もう自撮りとめっちゃしそうな・・・・。

筆者、正直言わせてもらいますとそういう女性はあまり好きではないですかね(笑)

木澤氏、あーまぁ私もどっちかというと嫌いな方ですかね~。

筆者、それダメでしょ言っちゃ!絶対後で演出から叱られるやつですよ!

木澤氏、いやいやでも、あさ美ちゃんはちゃんと芯が通ったコですね。むしろ嫌いというより尊敬に値するレベルですかね。

筆者、そうですか・・・じゃあ芯の強さを演出してください。

木澤氏、はい・・・(笑)

筆者、木澤さんは前回の新人公演でも役者をやられてますが、継続してみて得たものとか有りますか?

木澤氏、あーそうですね・・・とりあえず、木澤にならないように。

筆者、ああそうですか、素が出ないようにということですね。

木澤氏、そうですね~別人を演じられるように(笑)

筆者、まぁ木澤さん自体すごく面白いファニーなひとですからね・・・そういう面で私も役との分離は大事だと思いますね。

木澤氏、まぁファニーって思われるのはいいことなんですけどね。

筆者、じゃあ照明として仕事はどうですか?

木澤氏、照明という役職は初めてなんで、全然照明力が低いんですよ。

筆者、証明力ってなんですか?

木澤氏、照明力は灯体を釣ったり、とりあえずそういう業務をどれだけ自分一人でできるかって言うのが照明力ですね。

筆者、では最後の質問になりますが・・・不満はありますか?

木澤氏、不満ですか?!不満聞くんですか?普通抱負とか聞くでしょ(笑)

筆者、いや攻めていくんで今回は不満を聞こうかなと・・・。

木澤氏、えー・・・・不満はですね~そうですね~やっぱお昼を食べる時間ですかね。十二時から稽古始まる事が多かったんですけどそうするとお昼ごはんをいつ食べようという問題が・・・。

筆者、あ~難しいところですね迷いますね~。

木澤氏、その結果、食べる時間が遅れて最近は胃腸薬飲んでますねぇ・・・。

筆者、それはまずい(笑)では今回は食事の時間は大事というところで締めさせていただきます。ありがとうございました!



ま、まぁさっきよりは進歩しかな??
というわけでこんな感じでまったりとインタビュー企画を進めてゆきます

ところでこのインタビューを読んで貴方は我々の演劇を見たくなりましたか?
選択肢をクリックしてお答えください。
はい)(どちらともいえない)(いいえ

それでは次回をお楽しみに

アディオス!


4月 「片道電車の切符」 | 01:28:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
稽古場日誌4 スタッフ日終了
皆さんお久しぶりです。

スタッフ日終了しました!
これで舞台が完成し空気清浄機が唸りを上げ役者も稽古に精が出て・・・・・・


20160311_040630000_iOS.jpg


あれ?完成してない?



どうやら三日間かけてどうやら舞台が立たなかったらしいですねぇ。。。。

やばいなぁ大変だよぉ・・・舞台が完成してないよぉ・・・建てつけも滅茶苦茶だし・・・柱は割れるし・・・






大丈夫!
いつものことです!







いつもやばいやばいとなるけれど

不思議と公演日までには立派な舞台が立っちゃうのが國學院大學演劇研究会のよいところ。

そんな立派な舞台を是非とも皆さんに見てほしいなぁ、というのが筆者の思うところであります。







「そんなこと言って胡散臭いなぁ。どうせ低レベルなお粗末舞台だろ。」
とディスプレイの向こうからちらほら聞こえますが・・・
考えてみてください。



本番当日になって舞台がぶっ壊れたりしたら面白いでしょ?






そんなわけで



「國學院大學演劇研究会を信用するのでこの演劇を見たい!」
という方は→ココをクリック←して予約してください!



「國學院大學演劇研究会は揃いも揃ってポンコツ揃いで信用できないのでそのダメっぷりを嘲笑ってやりたい!」
という方は→ココをクリック←して予約してください!









そもそも我々の演劇に興味がない方は→ココをクリック←して電脳空間を引き続きお楽しみください。







それでは皆さん今回は幕を張る作業をしている美術さんのお尻と共にお別れです。
20160311_040347000_iOS.jpg
アディオス!!

4月 「片道電車の切符」 | 14:35:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
稽古場日誌3 フライヤー完成
Twitterでも呟きましたが・・・
ついにフライヤー完成です!


Twitterでも公開しましたが・・・
早速公開いたします!

フライヤー5


フライヤー裏2

いやぁ宣伝美術さんの努力が光りますねぇ

裏の写真も撮影場所に凝っていて見どころの一つです











さて、あとは予約開始日のご報告だけなのですが・・・・
それも数時間前のツイートに書いてありますよね


このままではこのブログの存在意義がわからない・・・・


情報の速達性においてブログはTwitterに敵わないのです・・・
あゝ悲しき現代社会・・・


いや・・・・
このブログがTwitterに勝てる点が一つだけ有ります







それは









過剰装飾です


というわけで!!!


予約開始は3月1日から!!


3月1日から!3月1日から!3月1日から!3月1日から!3月1日から!

お忘れなく!






読みづらくなっだけな気がしますが・・・


次回もお楽しみに!!


4月 「片道電車の切符」 | 22:49:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
稽古場日誌2 新歓公演続報!
ディスプレイの前でこのブログを読んでる皆さん、いかがお過ごしでしょうか。


さて、今回の記事はドドンと新情報!
なんと脚本家直筆のあらすじ!

まぁ普段はコレにフライヤー(公演の宣伝チラシのこと)
がついてきて豪華三本立てだったりしますが


それではあらすじから


『片道電車の切符』あらすじ

偶然隣に座った乗客や、ひょんなことから話をするようになった、なんでもない10人の小さな物語。
誰が主演でもない、それはディクテット キャスト(10人オール主演)。


***

『うん、とにかく いってらっしゃい』
急いで家を出たら それが最後の挨拶になってしまった恋人たち。

『また明日ね!』
一日を終え、挨拶を交わして家路につく人々。

『また会おうね。元気でね…』
離ればなれになってしまった恋人たち。


"サヨナラ"をしたあとで始まる、人と人が錯綜するクロスオーバー ストーリー。
悩み、葛藤、試練が電車に揺れ、動き始めるヒューマンドラマ。

『ありがとう。またね』
春の暖かい日射しのなかで 人々はまた歩き出す。


***

"あり得ないでしょ、こんな日常。

でも

"ありそうでしょこんな日常。"

ここから始まるのは、あなたの物語。


あなたの最寄り駅は どんな駅ですか?



いかがでしょうか。作品の雰囲気が凄く良く出てるあらすじです。
「見たい」と思ったそこの貴方。見に来てください。後悔はさせません。
「こんなの興味ないね」と思ったそこの貴方。見に来てください。後悔はさせません。

さて書き手が眠くなってきたので今回の記事はこれくらいに・・・
これからも、ドンドン新情報を綴っていくので乞うご期待!


4月 「片道電車の切符」 | 22:36:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
稽古場日誌1 新歓公演に向けて
ついに新歓公演が始動しました!
このたび、皆さんに情報をお伝えする遊佐です。

さて、気になるタイトルはすでに決定しております!

「片道電車の切符」

いやぁ 帰りはどうするんでしょうね・・・・

既に役者は稽古に励んでおります!

_storage_emulated_0_DCIM_Camera_1455772723233.jpg

気になるところですが、詳細は次回に続きます。
乞うご期待ください!

4月 「片道電車の切符」 | 12:39:47 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad