■プロフィール

國學院劇研

Author:國學院劇研

■最新記事
■カテゴリ
■検索フォーム

■Twitter

稽古場日誌5 インタビュー企画、始動。
インタビュー企画が始動します。(タイトルにも書いたんだけどね!!)

今回は新歓ということで新入生と関わる機会の多いであろう新2年生にスポットを当てます。

というわけでまず我らが誇る爽やかハイテンション枠 篠卓海 さんのインタビューを掲載していきます。


20160319_040719000_iOS.jpg

筆者、インタビューお願いします。

篠氏、よろしくお願いします。

筆者、まず今回配属されたスッタフはどちらですか?

篠氏、制作をやっています。

筆者、制作ですか。そして役者も兼任なされているということで・・・まず意気込みを教えて下さい。

篠氏、そうですね~初めての兼任なので今までスタッフというものをほとんどやっていなかったので、制作の仕事とちゃんと両立しようと考えています。

筆者、すばらしい心がけですね~、では役者としての質問をさせていただきます。今回の役柄はどんな感じでしょうか。

篠氏、今回は良夫といって自分と同じ大学生で優しい人なんですね。

筆者、ピッタリじゃないですか。

篠氏、いや、優しすぎるのが自分の悩みになってしまう感じなんです。そこを僕の考えでどう表して行こうかなと。

筆者、では、スタッフ、制作の仕事はどのような感じでしょうか。

篠氏、やはり制作をやって感じることはやることが結構多くありますね。

筆者、あゝそれは制作の私も感じていますね。

篠氏、活動場所の確保の申請や他団体へのフライヤー折り込みなど色々有りますね。



ここで沈黙



筆者、え、コレで終わり?

篠氏、終わりです。え?なんか言ったほうが良いですか?

筆者、なんか話すことととか無いんですか?

篠氏、無いです。

筆者、じゃあですねぇ・・・・何でしょうねぇ・・・・うーん・・・・・・・・。

篠氏、真面目すぎるんじゃないかな?これ・・・。

筆者、そうですね、真面目過ぎですね。もっとフランクな話をしますか・・・・。

篠氏、構いませんよ。

筆者、なんでしょう・・・・・・。



沈黙



筆者、やはり沈黙してしまいますね。

篠氏、もう良いんじゃない。

筆者、もういっか☆

篠氏、(笑)

筆者、ありがとうございました~

篠氏、ウェイぃィィィィィィ↑↑↑



いやぁ酷い!我ながら酷い!グダグダじゃないか・・・後半なんて有意義な情報が一切ない・・・我ながらインタビューとはなんたるかを再び思案する必要があると感じたインタビューでしたね。
ちなみに最後の篠氏の「ウェイぃィィィィィィ↑↑↑」は本当に彼がそう発言したのです。決してふざけているわけではございません。

では続いて、劇研一のファンキー女子 木澤早織 女史へのインタビューを掲載させていただきます。


20160319_040839000_iOS.jpg
(彼女の美顔をディスプレイで表示すると読者の皆さんのパソコンが深刻な脅威に晒される危険性があるので今回はモザイクを掛けさせて頂きました。え?彼女の美顔を見たい?そんな貴方はココをクリックして彼女が出演する公演を無料で観に行こう♪)

筆者、じゃあよろしくお願いします。

木澤氏、はーい。

筆者、今回、木澤さんは役者とスタッフということで、役者の役名とスタッフの部署をお教えてもらえますか?

木澤氏、役者はあさ美ちゃんとスタッフは照明ですね。

筆者、あさ美ちゃんはどんな役ですか?

木澤氏、あさ美ちゃんは典型的な女子大学生みたな感じですかね。

筆者、じゃあ・・・パンケーキたべちゃおっかなぁぁぁぁぁ↑↑・・・こんな感じですか?

木澤氏、あーそんな感じそんな感じ(笑)もう自撮りとめっちゃしそうな・・・・。

筆者、正直言わせてもらいますとそういう女性はあまり好きではないですかね(笑)

木澤氏、あーまぁ私もどっちかというと嫌いな方ですかね~。

筆者、それダメでしょ言っちゃ!絶対後で演出から叱られるやつですよ!

木澤氏、いやいやでも、あさ美ちゃんはちゃんと芯が通ったコですね。むしろ嫌いというより尊敬に値するレベルですかね。

筆者、そうですか・・・じゃあ芯の強さを演出してください。

木澤氏、はい・・・(笑)

筆者、木澤さんは前回の新人公演でも役者をやられてますが、継続してみて得たものとか有りますか?

木澤氏、あーそうですね・・・とりあえず、木澤にならないように。

筆者、ああそうですか、素が出ないようにということですね。

木澤氏、そうですね~別人を演じられるように(笑)

筆者、まぁ木澤さん自体すごく面白いファニーなひとですからね・・・そういう面で私も役との分離は大事だと思いますね。

木澤氏、まぁファニーって思われるのはいいことなんですけどね。

筆者、じゃあ照明として仕事はどうですか?

木澤氏、照明という役職は初めてなんで、全然照明力が低いんですよ。

筆者、証明力ってなんですか?

木澤氏、照明力は灯体を釣ったり、とりあえずそういう業務をどれだけ自分一人でできるかって言うのが照明力ですね。

筆者、では最後の質問になりますが・・・不満はありますか?

木澤氏、不満ですか?!不満聞くんですか?普通抱負とか聞くでしょ(笑)

筆者、いや攻めていくんで今回は不満を聞こうかなと・・・。

木澤氏、えー・・・・不満はですね~そうですね~やっぱお昼を食べる時間ですかね。十二時から稽古始まる事が多かったんですけどそうするとお昼ごはんをいつ食べようという問題が・・・。

筆者、あ~難しいところですね迷いますね~。

木澤氏、その結果、食べる時間が遅れて最近は胃腸薬飲んでますねぇ・・・。

筆者、それはまずい(笑)では今回は食事の時間は大事というところで締めさせていただきます。ありがとうございました!



ま、まぁさっきよりは進歩しかな??
というわけでこんな感じでまったりとインタビュー企画を進めてゆきます

ところでこのインタビューを読んで貴方は我々の演劇を見たくなりましたか?
選択肢をクリックしてお答えください。
はい)(どちらともいえない)(いいえ

それでは次回をお楽しみに

アディオス!
スポンサーサイト


4月 「片道電車の切符」 | 01:28:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad