■プロフィール

國學院劇研

Author:國學院劇研

■最新記事
■カテゴリ
■検索フォーム

■Twitter

2016年12月卒業公演インタビュー第1回
皆様こんにちは。

今回からいよいよインタビュー企画スタートです。

インタビュー初回のメンバーはこの方々!

演出・脚本 浅見瑛人


音響 張替爽平


美術 西原有哉


それではまず、我らが演出
浅見瑛人さんからインタビュースタートです。

《演出》浅見瑛人

−公演を見に来ていただいたお客様に
見ていただきたい部分−

台本という自分の領分の話に限るとセリフまわしと展開ですね。ただ、どの部分にも個人というものが滲み出ています。役者だけでなく舞台の各要素、その先にこれを作った人がいるんだなって思ってほしいですね。観ている最中は物語に集中してほしいですけれども笑。その人なりのこだわりが出ています。

−先輩方には最後の講演になるそうですが、
今回の公演に対しての意気込みをお願いします。−

→僕が演出なので同期である四年生の良いところは勿論、参加してくれた後輩の良いところを引き出し、それをお見せするつもりです。

−サークルに入ったきっかけ−

・新歓でやってたペーパー勇者がとても面白く、プロとアマの境目がよくわからなくなった瞬間でした。そのこともあり、元々は音楽とゲーム製作をしようとしてたんですが集団での創作活動がどういうものか経験できると感じ、入った次第です。

−劇研での思い出−

いっぱいありますが、
「あしたあしたのあさひがあがって」に音響として参加したんですが、既に20曲ぐらいボツになっていたエンディングの曲探しで、後に本番で使われる曲を持ってきた時のハリカエの自信満々な姿と、曲を流しながら二人で雑に読み合わせした時に思わず感動してしまったこと。

あとは「恐ろしき通夜」で自腹はたいてまで小道具の<胎児>を作る狂気のニシハラ笑

−同じくインタビューを受ける張替さん、西原さんの印象−

張替→ロック
西原→年取ったらめっちゃ深み出そう

−最後に一言公演を見に来ていただいたお客様に
見ていただきたい部分−

みなさん超張り切ってます。是非直接観てあげて下さい。

以上、演出の浅見瑛人さんからでした。

ここからは音響の張替さんと美術の西原さんの対談形式のインタビューになります。


−公演を見に来ていただいたお客様に
見ていただきたい部分−

音響の張替さん ※以下敬称略

張替「編集したSEだったりとか、客入れの音楽だと思います。」

−客入れは劇が始まる前から既に曲が流れ始めていますよね?そこから劇は始まっているという事でしょうか?−

張替「そういう事です。そういう事を私は言いたい。」

美術の西原さん ※以下敬称略

西原「美術は良くも悪くも印象に残らないのがお仕事。」

−印象に残らない…?−

西原「ここ(舞台)に大道具・小道具があっても、不自然にならないようにしなくちゃいけない。だから、劇に集中して楽しんでいただけるのが幸いかな。」

張替「自然に馴染んで欲しい。」

西原「自然に馴染んで欲しいね。馴染まなかったら失敗ですから。」

−音響も美術も劇に馴染むことが仕事だと−

張替「世界を形造るという事。浅見さん(演出)がよく言っているけども。」

西原「浅見の世界観を伝えつつ、違和感のないようにできたら、ベストなんじゃないでしょうか。」

−先輩方には最後の講演になるそうですが、
今回の公演に対しての意気込みをお願いします。−

−四年間最後の公演ですからね、実感がないかもしれないですが−

張替「……」

西原「……」

−そして、これが終わったら後は卒業という訳なのですが…−

張替「全て言っちゃってますね。」

(一同笑)

張替「言うて、でもそういう事ですね。」

16年度会長「あっ…」
(後ろで食事をしていた会長がお弁当のお肉を落とす)

西原「あー…」

張替「その肉の様にはなりたくないね。
落ちぶれたくないね。」

西原「そうだね。」

西原「質問の答えだけど、最後だし気合い入れて欲しい的な事を答えて欲しいの?」

張替「そんな事考えている人はいないでしょ。」

西原「ないないない。
普通にいつも通りやるだけです。」

−サークルに入ったきっかけ−

張替「新歓(新入生歓迎)の時期に、新一年生に新歓公演を観てもらうじゃないですか。」

張替「まず部室にきて話をして、公演を観に行く流れになったんですね。
その時には演劇やろうとか全く思ってなかったです。
そしたら…公演後の新歓コンパあるじゃないですか、あれにも行く流れになって、タダ飯を食って…入る形になるわけですよね。」

張替「それで入らないのは不埒者なんじゃないかと思ってしまったので演劇研究会に入ったのが始まりですね。嘘偽りのない。」

西原「新歓で(当時の)先輩達の劇を観て、この人達について行きたいと思ったから。以上です。」

−劇研(演劇研究会)での思い出−

張替「"動員挿話"かな?もう知る人も居なくなってしまった…」

張替「我々が2年に上がる時の新歓公演、拘って作った様な気がします。」

張替「Q(劇に音を挿入する作業)は少なかったんですけど、拘って作っていた様な。
音響の仕事としてはベストだった様な気がします。」

西原「"来たる夜の前"2年の時の卒業公演ですね。小道具を大量に用意したんですよ。ほぼ毎日徹夜みたいな…。」

西原「作業時間は毎回美術の作業をやって、夜は家に帰ってから大道具を作るってやってた。」

西原「その時の卒業する先輩の演技が素晴らしかった。私が作った小道具で凄く良い演技をしてくれるんですね。役者さんの演技による感動とプラスして、演技に関わる小道具を作れて良かったなと。一番やりがいや手応えを感じた公演でした。」

−お互いに一言、最初の印象−

張替「意外と近所に住んでいる。」

西原「静かだなぁ、と。」

西原「てか、関わり無かったからね。」

張替「その時(一年当初)は関わりのある人のが少なかった。」

−では、今の印象は?−

張替「ゴールデンアイ(部室に置いてある銃で撃ち合いをするガンゲーム)で地雷を良いとこに撒くのを見習いたいと思います。」

西原「エイム力がね、張替良いんですよ。エイムにキレがある。」

−ゲームの話は置いといて、本人の印象としては−

張替「正直、一年の時にはこんなに仲良くなると思っていなかった。」

西原「関わりが無かったからね。」

−演出に言いたい事−

張替「IQが高いのでもっといっぱい脚本を書いて下さい。」

西原「浅見らしく生きて欲しいです。」

張替「インタビュアーに言いたい事があるんですけどいいですか?」

−はい、どうぞよろしくお願いします−

張替「もっと部屋を掃除して下さい。」

−わかりました−

西原「会話できるくらいには落ち着いて下さい。」

−はい、わかりました−


−最後の一言−

張替「もう演出さんへの一言で言ってしまっている感がありますが…」

西原「それを言うなよ。」

張替「連絡、待ってます。」

西原「連絡、待ってます(便乗)」

張替「あ、じゃあ尾形知耶LOVEで。」

−ありがとうございました−

第一回インタビューは以上です。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

ご予約はこちらから!

携帯からの予約はこちらをクリック!




スポンサーサイト


12月  「明日の僕の話をしよう」 | 15:44:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad